気になるバレのお話 | av女優募集で簡単に確実に稼いでみませんか?
menu

気になるバレのお話

階段に座っている女性

av女優の募集要項には、その女優の活動範囲を決める「パブ」と呼ばれるものを決めるというものが書かれています。
パブとはパブリシティの略で、作品の宣伝や顔出し範囲などを決めるものとなります。

つまり、「雑誌には宣伝を打たずに、インターネット広告で宣伝する」などの公開範囲を決めるということです。
そのようなパブを決めることでバレの可能性というのは格段に低くなります。
実際にバレる確率というのは1~2%となります。
自分がその確率に当てはまるかということを考えるのは少しペシミスト過ぎるというものです。
実際にバレるときというのは、誰かに作品を見られることよりも、自分でカミングアウトしてしまう場合が多いです。
自分の中で溜め込んでいられない人というのがそのような結果になるといってもいいでしょう。
流石にそうなるのはいただけませんよね。
どのような形であれ、バレるのは非常によろしくないです。
そのためプロダクションとしっかりパブを決めて、その範囲で活動することに専念するのが非常に建設的かつ賢いやり方ではないでしょうか?

結局お金を稼ぐには何かしらのリスクが伴うものなのです。
それをなるべくリスクの少ない形で稼ぎ続けるにはそれなりのケアが必要だということです。
結局は自分のなかでav女優だという顔を隠し続けられるかということです。
そこは女優なのですから、隠し通してこそ女優というものです。
自分の中にav女優になって稼ぎたいという思いがあるのであればしっかりとケアすることもやぶさかでないでしょう?

TOPに戻る